わんわんの一日

ペットのお風呂やワンワンの一日をカキコキしま~す

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動しました

article-2186373-14789D6C000005DC-799_634x418.jpg

(写真はメール・オンラインより転載)

死にゆく友の痛みを少しでもやわらげようと献身の限りを尽くす
ウインスコンシン州に住む男性と犬の写真は真の友情を世界の人々に語りかける。

仔犬の時にレスキュー・センターからひきとり、今19歳になる犬。
神経痛の痛みを少しでも和らげるために献身の限りをつくすむ男性と犬の写真は
世界中の人の心に訴える。

アンジャー氏はフィアンセと一緒に当時8ヶ月シュロープをシェルターからひきとった。
ウイスコンシンの有名なアイスクリームの名前をつけられた。
しかし、19歳になった今は神経痛が悪化し、寝ることさえもままならない。

「湖に連れて行く夜は良く眠るので、毎晩連れていきます。
水が神経痛で病んだ骨の痛みをやわらげてくれるのでしょう。
今は湖はとても暖かく、温度は完璧です」

シュロープは前の飼い主から虐待を受けていた。
カップルは絆を結ぼうと懸命に努力し、見事に実を結んだのである。

しかしフィアンセと10年前に別れ、女性はコロラドへ引っ越した。
アンジャー氏はシュロープの飼育権をもらうことになるが、それは大変良い結果となったのである。
氏はその後重い鬱にかかり、自殺をしようとしたからである。

「正直言ってシュロープがその夜私と一緒にいてくれなかったら、私はここにはいないと思う。
彼が死の淵からひっぱりあげてくれたのです。
どのように説明していいかわかりませんが、
とにかく向こう側の世界へ行きかけた私をひょいとひっぱりあげてくれたのです。
この犬のためならどんなことでもしたいと思っています。私の命を救ってくれたのですから」
シュロープは激しい痛みのため、辛い日々を送っている。今度はアンジェン氏が助ける番である、

この写真は平和、優しさ、人間と犬との関係、純粋な愛から希望に至まで、
世界の人々にありとあらゆるメッセージを送ってくれると写真を撮影したミス・ストーンハウス氏は語る。
夫をガンで失った女性二人が、この写真を見て
「この世で再び愛を見ようとは思っていませんでした」と語ってくれました。
愛を見せてくれる写真です。


MAIL ONLINE

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

デブがんも

Author:デブがんも
ペットのお風呂やさんワンワンへようこそ!
お店は札幌市西区西野7条2丁目でっす。
気軽にご利用ください(^^)v
TEL 011-662-4126

最新記事

フリーエリア

ペットのお薬専門店ペットくすり、動物病院と同じお薬が処方箋無しで最大70%OFF!

QRコード

QR

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
8120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4225位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

フリーエリア

FC2ブログランキング

フリーエリア

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。